WordPressのテーマを翻訳Poeditでmoを作る

WordPressのテーマやプラグインのテンプレートは、英語であることが多いですね。翻訳のために用意されている.potというファイルを使用して、簡単に翻訳することができます。

まずは、翻訳に必要な.potというファイルを探します。テーマの”languages”というフォルダーの中にあると思います。POT:Potable Object Template は、テンプレートファイルという意味らしいです。

Poeditで翻訳する

.potファイルを元に、Poeditというエディターソフトを使って自分で和訳を作ります。Poeditは、こちらからダウンロードできます。

Poeditをダウンロード、インストールしたら、メニューの「ファイル」 > 「開く」 で、.potファイルを開きます。「翻訳プロジェクトを新規作成する」を押します。

日本語を選び、「OK」を押します。

翻訳する単語を探す

例えば、僕が使用しているテーマの場合、下図のような単語があります。

  • Latest Posts Under:
  • You are here:
  • Home
  • Search form

単語の訳を入力する

翻訳したい単語を、Poeditで検索します。
ソーステキストの下、翻訳:というところに、対象の単語の訳を入力します。

翻訳ファイルを作成する

翻訳したい単語の訳をすべて入力したら、ファイルを保存します。
メニューの「ファイル」>「保存」でできます。この操作により、.poというファイルが作成されます。PO:Portable Object これが、元の言語を翻訳したファイルになります。
次に、機械が読み込める.moというファイルを作成します。
メニューの「ファイル」>「MOにコンパイル」でできます。
MO:Machine Objectです。

翻訳ファイルをサーバーにアップロードする

翻訳ファイルをサーバーにアップロードします。場所は、テーマの場合は次のようなフォルダーです。
WordPressのインストールフォルダー/wp-content/languages/themes

プラグインの翻訳の場合は、次となります。
WordPressのインストールフォルダー/wp-content/languages/plugins

これをするだけで、ページを再読み込みすると、翻訳されたページが表示されます!

まとめ

いかがですか?以上のような手順で、テーマやプラグインを様々な言語に対応させることができますね!僕は、Poエディターを知って、ずいぶん助けられました。ぜひ、皆さんもお試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です